◆ご隠居掲示板◆
[Home]

●枝雀さんの仔猫のことで・・・・にゃーこさん2008年05月19日(月) 00時44分
●えどはく落語会とまとんさん2008年03月23日(日) 21時23分
●噺し塚成島の隠居さん2008年03月13日(木) 15時33分
●第九回 いけだ春團治まつりいけだ市民文化振興財団さん2008年03月16日(日) 11時27分
●アゼリア呉服座寄席「三喬・染二ふたり会」いけだ市民文化振興財団さん2008年03月16日(日) 11時27分
●エンタメヒットパレード浅草東洋館さん2008年03月04日(火) 15時19分
●圓生百席と古典落語大全集ミエコさん2008年01月23日(水) 11時28分
[前ページ] [次ページ]
[新規投稿]

[枝雀さんの仔猫のことで・・・・ ]       ↑top

[327] にゃーこ さん 2008年05月19日(月) 00時44分

こんちわ、初めて質問させてもらいます。
先日、桂枝雀の仔猫というCDをもらって聞きました。
番頭さんが怪しい女中、おなべの荷物を調べている途中、
だんながふたをバタンと閉め、番頭の指が挟まれてしまいます。
そこで番頭さんは『指がちぎれたー!』と叫び、
『一本、二本、三本、四本、五本、六本、七本、八本、九本』と数えて、
『一本足り〜ん』と泣き崩れ場面があります。
ここでお客さんが大笑いしているのですが、どのような動作をしているんでしょう?どなたかご存知ですか?

[328] ともべえ さん 2008年05月19日(月) 19時23分

確か、こんな感じだと思います。

左手を前に広げ、右手の人差し指で
「一本」(と左手の親指を指す)
「二本」(と左手の人差し指を指す)
「三本」(と左手の中指を指す)
「四本」(と左手の薬指を指す)
「五本」(と左手の小指を指す)
「六本」(と左手の薬指を指す)
「七本」(と左手の中指を指す)
「八本」(と左手の人差し指を指す)
「九本」(と左手の親指を指す)


「わあ、一本足らん!!
ここ(親指と人差し指の間)が広い!!
ここに一本あったんや!!!」

[329] Doppon さん 2008年05月20日(火) 18時46分

すいません、一寸、違う話なんですが・・・
枝雀さんは好きで良く聞きのですが、このお話はナンカ陰惨な感じがして、聞くのを避けてしまいます。後の話は、「幽霊の辻」でもなんでも聞いているのですが。

[330] にゃーこ さん 2008年05月20日(火) 22時13分

そういうことだったんですか!
私は9本で1本足りないということは、両手の指を広げて指を1本ずつ勘定する動作なのだと勝手に信じ込んでいて、
それで何がおかしいのかさっぱり分かりませんでした。
ともべえ様、ごていねいに教えていただきありがとうございました

[331] にゃーこ さん 2008年05月20日(火) 22時52分

Dopponさまのおっしゃるように暗くて陰惨な話なので
もしかして本当に指がちぎれたということなのか?とも思っていました

[332] ともべえ さん 2008年05月20日(火) 23時45分

陰惨ですかね・・・。

枝雀さんは「仔猫」の主人公、おなべさんのことを、

落語国の人物の中でも大好きな人の一人であり、女心のいじらしさ、かわいさに心打たれます。

とお書きになっています。
お二人が陰惨と感じるのは、枝雀さんの描くおなべさんが本当に可愛いく、可哀想に感じるからなのではないでしょうか。

[334] おひーさんが・・カー さん 2008年06月05日(木) 00時11分

ともべえさんの仰せの通りです。このくすぐり(ギャグ)は『景清』という落語でも使われています。目の見えなかった男が信心をして、見えるようになる。自分の手を数えて、「一本たらねェ・・・そうじゃねぇ、見える・・・」というふうに、目の無いお方に目ができる、
オメデタイお噺。

[えどはく落語会 ]       ↑top

[306] とまとん さん 2008年03月23日(日) 21時23分

管理人様
こんな情報ありますので如何でしょう
主催者によるとまだチケットあるそうです

えどはく落語会
3月29日(土)30日(日)14時
東京両国 江戸東京博物館一階ホール
出演 29日 三遊亭金翔 柳月三郎(民謡)、林家木久扇 三遊亭金時 林家正楽(紙切)、柳家権太楼
   30日 三遊亭時松、三遊亭小円歌(三味線)、三遊亭金時、林家いっ平、ロケット団(漫才)、春風亭小朝
料金 4000円
チケットはイープラス又は博物館にて
お問い合わせ 江戸東京博物館(03−3626−9974)

[噺し塚 ]       ↑top

[299] 成島の隠居 さん 2008年03月13日(木) 15時33分

間違えて楽屋に書いてしまいました、スミマセン。
改めまして。

戦時中に禁止された落語があった。と聞いています。
どんな噺が禁止されたか、ネットでは調べても出てきません。

だれか教えて下さい、また調べ方でも結構です。

[300] 恋瀬家乙女 さん 2008年03月13日(木) 21時14分

1941年(昭和16年)10月、戦争の突入に伴い、当時の落語協会首脳と顧問の野村無名庵によって、時局に会わない物、不敬甚だしき軟弱たる内容等々・・・。様は「これもお国のため、欲しがりません勝つまで・・・。」と言う、くっだらない理由を振りかざし、噺家自らの手で口演禁止を宣言してしまったのが初めです。
この時葬られたのは、殆んどが廓話、バレ話の類で、全部で53種にも及びます。
浅草寿2丁目、本法寺(俗に熊谷稲荷)の境内に高さ3m幅1.2mのはなし塚が建てられ埋葬されたそうです。
昭和21年この愚行は解かれ、9月30日に禁煙落語復活祭で禁を説かれました。
ところが翌年1947年(昭和22年)5月30日、今度は占領軍GHQの指令で、仇討ちもの、婦女子虐待ものが禁じられ、浅草本法寺に落語20種を再び埋葬してしまいました。演目の詳細は不明ですが、何にしても憎むべきは戦争と言う所でしょうか。

[301] 恋瀬家乙女 さん 2008年03月13日(木) 21時22分

このページに53種載っていました。
GHQに命令されたのは27種類だった事も判明しました。
ウィキペィアで禁演落語で検索するともっと詳しいです。
リンク先

[305] 成島の隠居 さん 2008年03月16日(日) 21時52分

早速のご回答ありがとうございます。

お見立て。がダメで、お直し。が良い、わかって無いですね。
規制するのは、ヤボなんでしょうね。

[第九回 いけだ春團治まつり ]       ↑top

[304] いけだ市民文化振興財団 さん 2008年03月16日(日) 11時27分

管理人様。
突然の書き込み失礼致します。
イベントのPRをさせて下さい。


アゼリア呉服座寄席「桂春團治一門落語会」

【日時】4月29日(祝) 
【開場】14:30
【開演】15:00
【会場】池田市民文化会館 アゼリアホール
【料金】前売 2,500円(当日500円増)
    全席自由席
【Lコード】59364
【出演】
 「ちりとてちん」 露の吉次
 「粗忽長屋」   桂七福
 「さわやか侍」  桂小春團治
 「けつね」    桂春之輔
   中入り
 「夢の喧嘩」   桂春若
 「祝いのし」   桂春團治

尚、初代・二代目「桂春團治の碑」法要、いしばし商店街・サンロードにて屋台村・小舞台等の催し、
そして豊島野公園にて青空市や特設ステージでのイベントも同時開催しております!!
是非、皆様お越し下さい♪

【お問い合わせ】(財)いけだ市民文化振興財団 072−761−3131

[アゼリア呉服座寄席「三喬・染二ふたり会」 ]       ↑top

[303] いけだ市民文化振興財団 さん 2008年03月16日(日) 11時27分

管理人様。
突然の書き込み失礼致します。
イベントの告知をさせて下さい。

アゼリア呉服座寄席「三喬・染二 ふたり会」

【日時】6月14日(土) 開場14:30 開演15:00
【会場】池田市民文化会館 小ホール
【料金】全席指定席 2,500円(当日500増)  ※4月5日より発売!!
【Lコード】 51883
【出演】 笑福亭三喬・林家染二
【演目】
 染二 「湯屋番」
 三喬 「短命」
 染二 「らくだ」
   中入り
 三喬 「高津の富」

【問い合わせ】いけだ市民文化振興財団 072−761−8811

[エンタメヒットパレード ]       ↑top

[297] 浅草東洋館 さん 2008年03月04日(火) 15時19分

寄席告知のお願いに参りました。
「東洋館特選寄席 エンタメヒットパレード2008vol.9」
3月31日(月)
[出演]三遊亭白鳥、柳家喬太郎、藤山新太郎、テツandトモ、三遊亭丈二、川柳つくし、赤いプルトニウム、きくりん、大本営八俵、他
[開場]11時30分
[開演]12時
[料金]大人3,000円、学生2,500円、小人1,500円
○ご予約・お問い合わせは浅草東洋館 mail:kawamura@dream.ocn.ne.jp TEL:03−3841−6631
までお願い致します。
*管理人様・・長々と失礼致しました。不適切なようでしたら、お手数ですが削除をお願い致します。

[圓生百席と古典落語大全集 ]       ↑top

[279] ミエコ さん 2008年01月23日(水) 11時28分

はじめまして。
落語通の皆さんにぜひ、教えていただきたいことがあってやってまいりました。私は最近落語にはまり、いろいろ聞いていますが、とくに三遊亭圓生さんが好きになってきました。
家になぜか古い木箱に入った[古典落語大全集]と言うカセットテープのセットがあってそれを聞いたり、図書館で借りられるCDを聞いています。
圓生さんのCDなど探しているとまず、圓生百席があり、それからうちにある古典落語大全集、そして人情噺集成というセットがあるのですが、この3つは同じ録音で、百席の中からよいものを選んで編集しなおしたのが古典落語大全集や人情噺集成と言うことなのでしょうか?

もし詳しい方がいらっしゃいましたら、教えていただけたら幸いです。百席と古典落語大全集で同じ噺を聞き比べると、同じ録音のように聞こえても、カットされていたり、長さが微妙に違ったり、後ろの音楽が違ったり、解説がついていたり、よく分からないのですが。。。。

[280] ともべえ さん 2008年01月23日(水) 18時03分

こんにちは

細かい編集の違いがあるのかもしれませんが

> この3つは同じ録音で、百席の中からよいものを選んで編集しなおしたのが古典落語大全集や人情噺集成と言うことなのでしょうか?

その通りです。

「古典落語大全集」「人情噺集成」いずれも通販(ソニー・ファミリークラブだったかな)などで売られていたものです。

余談ながら、CD化にあたって「圓生百席」に編集(いわゆる「不適切な表現」のカット)が行われまして・・・、ちょっとした物議をかもしました。

[281] ともべえ さん 2008年01月23日(水) 21時05分

えっとちょっと端折りすぎたので、もう少し正確に・・・

CD 版 円生百席 = LP 版 円生人情噺集成 + LP 版 円生百席

です。

「人情噺集成」は「百席」に先立って録音・発売されています。

[282] ミエコ さん 2008年01月24日(木) 13時23分

こんなに早く教えていただいてありがとうございます!
やっぱり古典落語大全集は百席の一部で作ったもので、録音としては同じものなんですね。
CD化にあたって削除されたと言うと、やはり差別語の問題でしょうか?
いくつか、古典落語大全集を聞いて、同じ噺を百席のほうで聞いてみて、完全に同じ録音のようで、ちょっと一部だけ変わっているような気がするところがあったので不思議に思っていましたが、これでよく分かりました。
ありがとうございました

[283] ともべえ さん 2008年01月24日(木) 13時47分

はい

例えば、「三人旅」でのお百姓の「びっこ馬」なんてのがカットされています。

[285] ミエコ さん 2008年01月27日(日) 07時02分

ともべえさん、
やはり、カットされたのはそちらの方面の言葉なんですね。
先日、市川昆さんの古い映画をDVDで見たら、
古い作品だけに、障害者とか聾唖者をさす、放送禁止語がたくさん出てきて、
最後にテロップで、『不適席な言葉も出てきますが、作者の意向を尊重してそのままにしています』みたいなことが書かれていました。
落語だって立派な文化遺産なんですから、むやみに編集せずに、こういう対処でよいと思うのですが、、、、

ソニーの偉い人は、圓生が間違った表現を使ったところを、自分が見つけたて直してあげよぅ!と思ってしまったんですね。
残念です。

[292] ミエコ さん 2008年01月29日(火) 22時01分

圓生百席に入っている、おかふいと言う噺を聞いてしまいました。
あまりに気持ち悪い噺で途中で辞めたくなったのですが、
その直感を信じるべきでした。
どうしてあんな気分が悪くなる噺を。。。。圓生さんは面白いと思っていたのかしら
あれほど女性を不快に扱った噺こそ、丸ごとカットしたらいいのに。
この噺をもっと早く聞いていたらもう圓生百席はやめてしまったかもしれません。
またあんな嫌なのが出てきたらどうしようと思うと、
聞くのを躊躇しちゃいます

[293] ともべえ さん 2008年01月30日(水) 09時30分

まあ、お気持ちは分からないでもありません。
私にとっても「また聴きたい!」と思うようなネタではありません。

ただし、円生さんはこのネタを寄席でもよく演じていたようです。
(当代)立川談志さんの「あなたほどの名人が何故『おかふい』なんかを演じるのか?」の問いに円生さんはこう答えたのだそうです。
「だって、この噺は名人・円喬がやった噺なんですよ」
円生さんが円喬さんのことを「滑稽噺の名人」とおっしゃっています。
このネタは、円生さんの古の名人への憧れや尊敬の表れだったのではないでしょうか。


> またあんな嫌なのが出てきたらどうしようと思うと、
> 聞くのを躊躇しちゃいます

それは大丈夫だと思いますよ。

[294] ミエコ さん 2008年02月03日(日) 09時15分

ともべえさん、また教えていただいてありがとうございます。
はっきり言ってあれを聞いた後しばらく落語がいやになっちゃいました。
立川談志さんもやっぱりあの噺は、人を不快にする、お客さんに聞かせるのはよくないと感じたんですね。

でもおかげさまで安心して百席の残りも探してみようと言う気持ちになりました

[295] ともべえ さん 2008年02月05日(火) 11時57分

> でもおかげさまで安心して百席の残りも探してみようと言う気持ちになりました

はい、聴いてみてください。

> 立川談志さんもやっぱりあの噺は、人を不快にする、お客さんに聞かせるのはよくないと感じたんですね。

個人的には、それは違うと考えますが・・・、まあ、いいですよね。

Notebook SP Terra